ニュース

    引用元: ・味の素「大変なお母さんに代わって丁寧に冷食を作ってます」→ツイッターママぶちギレ

    1: 風吹けば名無し 2020/08/07(金) 16:11:16.81 ID:Gu+7JVT70
    no title

    【【悲報】味の素「大変なお母さんに代わって丁寧に冷食を作ってます」→ツイッターママぶちギレ】の続きを読む

    引用元: ・日本政府、消費税増税をほぼ決める

    1: 風吹けば名無し 2020/08/07(金) 06:14:26.95 ID:XP5FyE1d0
    政府税制調査会(首相の諮問機関)は5日、ウェブ会議方式で総会を開催した。会合では新型コロナウイルス対応で財政悪化が一層深刻となっていることを懸念し、「消費税増税を中核に据えた、骨太の議論が必要ではないか」といった意見が出た。

    総会を開くのは今年1月以来。出席委員からは「次世代の負担を増やさないため、どういう税収確保が望ましいか議論する必要がある」などの指摘が相次いだ。

    以下ソース
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020080501143&g=eco

    【【悲報】日本政府、消費税増税をほぼ決める】の続きを読む

    引用元: ・【話題】狂気じみてて草 北海道~鹿児島まで3泊4日で鉄道縦断ツアー15万で小田急トラベルが発売 #つばめ [牛丼★]

    1: 牛丼 ★ 2020/08/07(金) 15:48:05.69 ID:CAP_USER9
    小田急トラベルのツアーが「狂気じみてる」とネット上で話題になっている。「北海道から九州まで!日本列島鉄道縦断ツアー」というもので、北海道から電車を乗り継いで鹿児島まで行く3泊4日の旅だ。

    行程は9月18日スタート。北海道・稚内のホテルに現地集合し、前泊をするところから始まる。翌朝6時20分に集合し、日本最北端の線路である稚内駅(特急サロベツ)から旭川(ライラック)、札幌(北斗16号)、函館(はこだてライナー)、新函館北斗(はやて98号)、新青森(普通列車)を経て22時1分に青森駅に到着する。

    朝・昼食付きで、上記の運賃、宿泊費など込みで15万5000円だ。このプランにツイッターでは「狂気じみてて草」「新幹線で車種や列車名の違うものに何度も乗り換えさせるとは」と驚きの声があがった。中には「これって、現美新幹線以外の新幹線乗れるルートなのか」という人も見られた。

    以下ソース
    https://news.careerconnection.jp/?p=98869

    【【話題】北海道~鹿児島まで3泊4日で鉄道縦断する狂気のツアーが発売されてしまうwww】の続きを読む

    引用元: ・【残土】「ただで土あげる」信じたら10mの山 撤去に7千万円・・・ [ブルーベリーフラペチーノうどん★]

    1: ブルーベリーフラペチーノうどん ★ 2020/08/07(金) 07:40:45.34 ID:XI9zq1og9
    「ただで土を入れて水田にしてあげる」。そんな言葉を信じたら1年後には高さ10メートルの建設残土の山が。県も市も警察も頼りにならず、撤去を求める裁判に勝訴したものの変わらない。自腹で撤去したら最低7766万円かかるという。全国各地で建設残土を巡るトラブルが頻発している。

    以下ソース
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN845RY0N7JOIPE02H.html?ref=amp_login

    【【悲報】「ただで土あげる」信じたら10mの山 撤去に7千万円・・・】の続きを読む

    引用元: ・【FRIDAY】あのアニータが母国で「コロナ対策は日本を見習え!」と叫ぶワケ [爆笑ゴリラ★]

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2020/08/06(木) 08:07:26.66 ID:CAP_USER9 BE:155222373-2BP(0)
    約14億円ものカネが不正に引き出されていたことが発覚し、世間を大いに騒がせた「青森県住宅供給公社巨額横領事件」から17年。経理担当主幹だった夫から10億円近くを受け取り、日本中から大バッシングを浴びたアニータ・アルバラードさん(47)は、現在チリでレギュラー番組を持つ程の大人気タレントとして活躍している。

    その彼女が、母国チリで「日本を見習え!」と繰り返し訴えているのだという。一体なぜか。

    日本ではほとんど報道されていないが、チリは世界でも類を見ないほどの深刻なコロナ禍に見舞われている。8月1日現在のチリ保健省の報告によると、チリ国内の総感染者数は35万9731人、そのうち死者は9608人。チリの人口(約1873万人)を鑑みれば、いかに悲惨な状況となっているかがわかるだろう。

    実はアニータさん自身も、長男を始め複数の親族が新型コロナウイルスに感染し、伯母を亡くしていた。彼女は、チリが感染者を減らすためのヒントは「日本にある」と語る。長年にわたってアニータさんに取材を続ける筆者が、本人に突撃インタビューを敢行した。

    以下ソースで

    【【朗報】あのアニータが母国で「コロナ対策は日本を見習え!」と叫ぶ】の続きを読む

    このページのトップヘ